風俗で温まろう

上司に似ているからビビった

この前指名した人妻風俗嬢が、会社の上司にそっくりだったんですよ。そんなのビビるに決まっているじゃないですか。むしろ対面した時、本人かと思いました。風俗店のパネルを見た時にも似ているなって思ったんです。年齢とかバストの大きさで別人だって思ったんですけど、初対面の時は彼女も衣装に身を包んでいるのでバストの大きさなんて分からないじゃないですか。上司はまぁ微乳なんですよ。でも指名した彼女は巨乳人妻風俗嬢だったので、そこで違うとは思ったんです。でも初対面の時はまだ衣装を着ているので、バストの大きさを確認出来ないじゃないですか。だから本人かなって思って、かなり動揺してしまいましたけど、それだけ似ていたのもあって、かなり興奮させられたんですよね。それに思ったのは、これから風俗では誰かに似ているっていう風俗嬢を指名すれば、毎回こうして興奮出来るのかなって。だから、今後は「誰に似ているのか」も重要な選考材料かなと。

日常生活からの脱却をしたい

日常生活はどうしてもマンネリになってしまいがちです。特に社会人ともなれば、どうしても仕事と言うものを抜きには考えられません。仕事も毎日のように違うことだったり、定期的にいろいろとプロジェクトが変わるとかであればよいのかもしれませんけど、自分はそういった仕事ではないので、毎日同じようなことの繰り返し。それだけに、非日常が欲しいなら自分からいろいろと考慮しないとなって思っているんですけど、その答えの一つが風俗なんです。むしろ手軽でいいですよね。風俗以外となると、結局自分でアグレッシブに動いたりとか、手間やお金がかかったりするんです。ましてやそれが報われるならいいんですけど、お金だけかかって何も得られないってケースだってありますしね。その点風俗はかけたお金分の満足感は得られるって分かっているんです。そう思ったら自分にとって風俗がどれだけ大切でありがたいものなのかが分かるようになりましたけどね(笑)