風俗で温まろう

自力。それが大切ですしね

風俗では自力で楽しむよう心掛けているんです。変な言い方になっちゃうかもしれませんけど、女の子に頼りすぎないようにしているんですよ。どんな風俗嬢でも、まずは自力。そんな気持ちを持っていますけど、ただこの前に関しては自分のポリシーが崩れるというか、相手の女の子に任せておけば良いなって気持ちになった風俗嬢でした。それだけ彼女が上手だったからこそですね。あれだけ凄い技を持っている女の子は、テクニシャンと呼ぶに相応しいんじゃないかなって思いますよね。自分自身、まさかあそこまでのレベルの女の子だとは思っていなかっただけに、彼女との時間に関しては何も言うことはありません。むしろあれだけ楽しめて、自分の中でも相当な満足感に包まれたかなって思っていますしね。とにかくあれは、一度くらいは味わっておきたいなって思うような、そんなレベルの風俗嬢だなって思いますし、テクニシャンは凄いんだなってことも知れたような気がします。

日常生活に風が吹くからこそ

ダジャレを言っているつもりもなければ、上手いことを言ったなって悦に浸っている訳でもないんですけど、風俗のおかげで日常生活に風が吹くような気がするんですよね(笑)風俗がなければきっと自分の日常生活なんて本当に味気ないつまらないものでしかないと思うんです。仕事に行って帰宅して寝て。そしてまた次の日になれば仕事に行って。本当にこれの繰り返しでしかないんです。休みになれば日頃の疲れを癒すべく、布団から出ない。そして休みが終わったらまた仕事に行く…。本当にこれの繰り返しでしかないんですけど、この単調極まりない生活の中に風俗が入るだけで、刺激にもなりますし、楽しい気持ちにもなれるんですよね。だからこそ、風俗は楽しいというよりもありがたい気持ちの方が強いんですよ。もしも風俗がなかったら、自分の生活なんて本当に社畜と言うか、奴隷そのものと言ってもおかしくはないような生活でしかないんですしね。刺激とか快感以上にありがたいですよ。