風俗で温まろう

定番だからこそ、逆に楽しいんですよ

いつも同じ風俗だと、さすがに飽きてくるんじゃないかって友達から指摘されたんです。その友人もよく風俗で遊んでいるらしいんですけど、毎回違う形で楽しんでいると。それも否定しないですし、むしろ男としての刺激を得るためにはそれも良い方法だと思うんですよね。でも自分は毎回同じ風俗嬢です。それだけ気に入ったってことなんでしょうね(笑)だから最近ではホームページもポータルサイトも見なくなっちゃいましたね。同じ風俗嬢との、言うなれば「お約束」を楽しんでいますけど、それでも十分に満足しています。刺激って、別に毎回違うことじゃなきゃいけないって訳でもないですし、それに風俗は刺激も楽しめますけど、こうして同じ女の子との時間を過ごすことによって快感を深めていくことだって出来るんですよね。むしろその方がメインというか、自分としてはそっちの方が楽しかったりするので、当分は彼女と楽しみたいなって思っているんですけどね(笑)

スパイスのようなものかなと

自分にとって、風俗はある意味ではスパイスのようなものなんじゃないかなって思っているんです。平凡な日常生活に刺激をもたらすスパイス。それこそ風俗かなと。むしろ風俗意外にスパイスをもたらしてくれるようなものなんてそうそうないんですよね。それでいて、人間は刺激を求めるものじゃないですか。だからこそ、何かに飢える時もあると思うんですけど、それが風俗なんですよ。風俗以外で刺激ってなると、刺激そのものを得るための手間がかかるじゃないですか。それらも否定はしませんけど、結局面倒だからってことでやる気が出ないケースも多いと思うんですよね。それに、せっかくの休日ともなれば何かするでもなく、まったりしていないって思いも沸いちゃうものなんですよね。でも風俗であれば、楽しむための手間がそこまでかかるものではないだけに、自分なりにいろいろなことを楽しめるとあって、マイペースでいいじゃないですか。それがあるので、風俗はスパイスなんです。